3/10(木)10:00~ 座談会「ジャパンパック 2022に何を見たか?」

  • 2022.2.24

この度、一般社団法人PODiは大野インクジェットコンサルティングと共催でオンライン企画、緊急企画:座談会「ジャパンパック 2022に何を見たか?」を開催いたします。
本企画では、住本技術士事務所所長・技術士 (経営工学) / 包装管理士の住本充弘先生をメインゲストとしてお招きし、包材への印刷というフォーカスの前に、環境課題に対応する包材全般の大きな流れなどについてお話しいただきます。

緊急企画:座談会「ジャパンパック 2022に何を見たか?」

日時:3月10日(木曜日)10:00 ~ (約1時間半を想定)
パネリスト:住本充弘氏(技術士・住本技術士事務所)他、印刷業界専門家・インクジェット関係者(随時アップデートを予定)
司会:大野彰得(OIJC)・亀井雅彦(PODi)
参加登録はこちらから
本企画に関する詳細についてはこちらから(大野インクジェットコンサルティングのホームページ)

なお、本企画は「PODiメンバー」あるいは「OIJC会員企業」限定の企画となります。恐れ入りますが、ご登録を確認の上お申し込みください。
また、いずれのご登録もお済でない方は、PODiの無料メンバー登録をご利用いただけますので、ご検討ください。

ログイン

ピックアップ記事

  1. メタバースとは何か?なぜそれが私たちの業界にとって重要なのでしょうか?小さな印刷会社や代理店でも...
  2. <バリア性の紙が世界でいよいよ本格化> Amcor、launched a paper-bas...
  3. 印刷物は国境を越えて取引されており、欧州連合(EU)によって取引が非常に容易になっています。
  4. コロナ禍は、需要の縮小や新しい生産技術への投資の減少など、印刷会社とデジタル印刷生産市場にさまざ...
  5. <EUの再生樹脂の実証実験が活発> EUはプラスチックの再生に熱心である。
  6. 12月の印刷出荷額は70億ドルで、11月の71億ドルから減少し、12月は例年通り低迷する季節となった...
  7. 2022年3月22日(火)発行元企業によるプレスリリースプレゼンテーション向け化粧表紙と...
  8. 2021年11月の印刷出荷額は69億9,000万ドルで、10月の72億9,000万ドルから減少し...