3/10(木)10:00~ 座談会「ジャパンパック 2022に何を見たか?」

  • 2022.2.24

この度、一般社団法人PODiは大野インクジェットコンサルティングと共催でオンライン企画、緊急企画:座談会「ジャパンパック 2022に何を見たか?」を開催いたします。
本企画では、住本技術士事務所所長・技術士 (経営工学) / 包装管理士の住本充弘先生をメインゲストとしてお招きし、包材への印刷というフォーカスの前に、環境課題に対応する包材全般の大きな流れなどについてお話しいただきます。

緊急企画:座談会「ジャパンパック 2022に何を見たか?」

日時:3月10日(木曜日)10:00 ~ (約1時間半を想定)
パネリスト:住本充弘氏(技術士・住本技術士事務所)他、印刷業界専門家・インクジェット関係者(随時アップデートを予定)
司会:大野彰得(OIJC)・亀井雅彦(PODi)
参加登録はこちらから
本企画に関する詳細についてはこちらから(大野インクジェットコンサルティングのホームページ)

なお、本企画は「PODiメンバー」あるいは「OIJC会員企業」限定の企画となります。恐れ入りますが、ご登録を確認の上お申し込みください。
また、いずれのご登録もお済でない方は、PODiの無料メンバー登録をご利用いただけますので、ご検討ください。

ログイン

ピックアップ記事

  1. Spil Uden Nemid Og Rofus Ved At Spille På Udenland...
  2. 拡張現実(AR)は、マーケティングの場において、爆発的に普及する準備が整っているのでしょうか?A...
  3. 版、インク、エネルギー、紙などの値上げが絶えないように感じますが、これらは印刷価格にどのような影...
  4. 不確実な時代の変化は、課題をもたらすこともあれば、新たな機会を生み出すこともあります。
  5. 欧州セクションエディターのRalf Schlözerが、欧州の印刷会社が直面している紙不足の根本...
  6. 拡張現実は、もはやエンターテイメントやブランド構築のために使われるニッチな技術ではありません。
  7. PIASC(米国西海岸を中心とした印刷業組)会長のLou Caron氏が、印刷業界が現在直面して...
  8. Z世代の60%がメタバースでのショッピングを希望しています。