2017年1月24日 Walter Digital社がRicoh Pro VC60000を採用

2017年1月24日
発行会社からのプレスリリース

Ricoh ヨーロッパーWalter Digital社は効率性および生産性を高めるため、Ricoh Pro VC60000デジタルインクジェット印刷機に投資を行ったと発表した。

このドイツの四世代目の家族経営のデジタルおよびオフセット印刷を行っている印刷会社は、DM、POS、マーケティング資材、そしてマニュアルに特化している。Axel Walter氏とFelix Walter氏の兄弟が経営している。


Ricoh Pro VC60000デジタルインクジェット印刷機について

Axel氏は「Ricoh Pro VC60000を使用することによって、お客様にデジタル及びオフセット生産の両方の特徴を組み合わせた体制から多くのメリットを提供させていただけるようになります。Ricoh Pro VC60000はオフセット印刷と同様の高品質、幅広いメディア対応、生産能力を有しながら、デジタル印刷機としての特性を持っている。」

そしてFelix氏は「弊社は、生産ワークフローの完全に統合されるテクノロジープラットフォームに投資しています。この投資によって、効率性と生産性をさらに高めるようになります。データ処理およびロジスティクスの両方を含んだ広範かつ多面的なジョブのソリューションを提供している印刷会社として、この導入は生産印刷能力の拡大を目指した自然なステップであろう」と述べ加えた。

Walter Digital社は2016年10月にHeer Mediaグループ会社に入った。Heer Media Group社のマネージングディレクターであるTino Heer氏は「コミュニケーションと印刷生産のデジタル化は、すべての社会・産業のデジタル変革の中核要素である。勝ち残り、成長を続けるためには技術革新が不可欠です。」と述べた。

Ricohヨーロッパのプロダクションプリント担当副社長Benoit Chatelard氏は「Walter Digitalがリコーを選択したことは、パートナーとして我々の強み、能力、そしてインクジェット技術の品質を証明するものである。この成功によって、リコーは印刷業界におけるテクノロジーリーダーとしての地位をさらに強化することができる。」と述べた。

Ricoh Pro VC60000は、2月20日から23日までスイス、ルチェルンで催されるHunkeler Innovationdays 2017で実演展示を予定している。

 

  

whattheythinkmini
Published 2017年1月24日
原文 http://whattheythink.com/news/83731-walter-digital-chooses-ricoh-pro-vc60000-technology/

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. 今年で3回目となるテクノロジー・アウトルックでは、Trish Witkowskiが最新の製本・仕上げ...
  2. 本記事は前回の続編として、Prime Data社のSteve Falk社長が、自社のカーボンフッ...
  3. 印刷機の速度、解像度、およびバリアブルデータの使用は増加しており、それに伴い、印刷後の加工やコンバー...
  4. DMが排出するカーボンフットプリント(製品のライフサイクルで排出される二酸化炭素の量)を把握すること...
  5. 欧州セクションエディターのRalf Schlözerが、2022年4月末にミュンヘンで開催されたオン...
  6. 拡張現実(AR)は、マーケティングの場において、爆発的に普及する準備が整っているのでしょうか?A...
  7. 版、インク、エネルギー、紙などの値上げが絶えないように感じますが、これらは印刷価格にどのような影...
  8. 不確実な時代の変化は、課題をもたらすこともあれば、新たな機会を生み出すこともあります。