LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(1)

UTECO・EBEAM・INXによるEB硬化のプリンタ

EB のフレキソインキは既に存在し実用化されており、その流れでのインクジェットへの展開とのこと。
電子線によりインクモノマーの一部を壊して反応点として架橋させるが、その際に基材の一部にも反応点ができるので密着が非常に良い。プリント済みのフィルムを揉んでも剥がれない。
UV の様にピニング(中間硬化)が出来ないので、白インクなどは難しいのでは?との問いには、改良の余地はあるとのこと。





現地動画

UTECO:食品包装をアピール



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. メタバースとは何か?なぜそれが私たちの業界にとって重要なのでしょうか?小さな印刷会社や代理店でも...
  2. <バリア性の紙が世界でいよいよ本格化> Amcor、launched a paper-bas...
  3. 印刷物は国境を越えて取引されており、欧州連合(EU)によって取引が非常に容易になっています。
  4. コロナ禍は、需要の縮小や新しい生産技術への投資の減少など、印刷会社とデジタル印刷生産市場にさまざ...
  5. <EUの再生樹脂の実証実験が活発> EUはプラスチックの再生に熱心である。
  6. 12月の印刷出荷額は70億ドルで、11月の71億ドルから減少し、12月は例年通り低迷する季節となった...
  7. 2022年3月22日(火)発行元企業によるプレスリリースプレゼンテーション向け化粧表紙と...
  8. 2021年11月の印刷出荷額は69億9,000万ドルで、10月の72億9,000万ドルから減少し...