【パートナーニュース】9月8日「セキュリティ印刷セミナー」を開催(エスコグラフィックス)

  • 2017.8.24

エスコグラフィックス株式会社では、来る2017年9月8日に「セキュリティ印刷セミナー」を開催いたします。 昨今、偽造防止技術は偽造品の製造抑止や発見のために、紙幣やパスポートのような公共性の高い分野はもちろん、商品券や チケット、クーポンにも使用されています。 また、偽造品によるブランドイメージへのダメージを防ぐため、製品のラベルやパッケージの領域にもその利用が広がっています。

本セミナーでは、エスコグラフィックス株式会社より、新しい偽造防止印刷ソリューションとして、コピー困難なデザインを生成するソフトウェア「Arziro Design」をはじめとする最新鋭のソフトウェア製品が紹介されます。
また、PODiからは、「2020年に向けたセキュリティプリンティングの可能性」と題し、プリンティングオンデマンド偽造防止印刷、偽造防止インキ、偽造防止用紙、ホログラムなど、様々な角度で最新のセキュリティ印刷市場についてお話をさせていただきます。

2020年の東京オリンピックを目前にますます重要性を増すセキュリティ印刷。
ご興味のある方、これから取り組みたいとお考えの方、新しい技術をお探しの方に最適のセミナーです。 ご参加をお待ちしております(参加費無料:事前登録制)。

セミナー詳細はこちらから(公式ページ):
https://www.esko.com/ja/company/news/2017/security-printing-seminar
お申し込みはこちらから(FAX用PDFダウンロード):
http://www.esko.co.jp/seminar/20170908.pdf

会社概要

  • 社名
    エスコグラフィックス株式会社(https://www.esko.com/ja/
  • 設立
    1994年10月
  • 代表者
    代表取締役社長 南 文輝
  • 事業内容
    エスコグラフィックス社(本社ベルギー)製品の輸入、販売及び技術サポート
    主な商品、印刷製版関連の機械及びコンピュータソフトウェア
  • 東京本社
    〒135-0064 東京都江東区青海2丁目5番10号 テレコムセンタービル西棟6階
    TEL:03-5579-6295 FAX:03-5579-6296

ログイン

ピックアップ記事

  1. メタバースとは何か?なぜそれが私たちの業界にとって重要なのでしょうか?小さな印刷会社や代理店でも...
  2. <バリア性の紙が世界でいよいよ本格化> Amcor、launched a paper-bas...
  3. 印刷物は国境を越えて取引されており、欧州連合(EU)によって取引が非常に容易になっています。
  4. コロナ禍は、需要の縮小や新しい生産技術への投資の減少など、印刷会社とデジタル印刷生産市場にさまざ...
  5. <EUの再生樹脂の実証実験が活発> EUはプラスチックの再生に熱心である。
  6. 12月の印刷出荷額は70億ドルで、11月の71億ドルから減少し、12月は例年通り低迷する季節となった...
  7. 2022年3月22日(火)発行元企業によるプレスリリースプレゼンテーション向け化粧表紙と...
  8. 2021年11月の印刷出荷額は69億9,000万ドルで、10月の72億9,000万ドルから減少し...