ウクライナ、負けるな、印刷、此処に在り

ウクライナでのいわれのない戦争が続き、世界が恐怖の目で見ている中、キエフの東にほど近い都市ボリスピルにある印刷メディア会社のリーダーに連絡を取りました。Print+誌の発行人であり、Polygraphy of Ukraineディレクトリ(ウクライナ)という印刷会社のソーシャルネットワークの管理者であるIgor Agarkov氏は、この悲痛な記事の中で、WhatTheyThinkからの質問に基づいて、彼の経験、見解、世界への要望、そして彼の同僚の数人の経験について話してくれています。(題名は訳者筆)

ウクライナでのいわれのない戦争が続く中、世界は恐怖の目で見ています。AppleからAdidasまで、コーヒーからクレジットカード会社まで、多数の企業がロシアの行為に抗議してロシアから撤退しています。3月8日現在、ロシアでの業務の一部または全部の停止を発表した企業は124社にのぼり、今後もさらに増えると予想されています。

WhatTheyThinkでは、ロシアと取引している業界各社に連絡を取り、その立場を把握しようとしていますが、まだ回答は得られていません。回答が得られ次第、お伝えします。一方、Print+誌の発行人であり、Polygraphy of Ukraineディレクトリ(ウクライナ)という印刷業者のソーシャルネットワークの管理人であるIgor Agarkov氏は、自身の経験、見解、世界への要望、そして一部の同業者の経験を共有しています。余談ですが、この記事は私のキャリアの中で最も苦労した記事の一つです。

質問を思いつくだけでも難しく、感情的になってしまいました。私の心はウクライナの人々に寄り沿っています。この残酷な戦争が早く終わることを願っています。そして、ウクライナとその印刷業界の復興に、私たちの力が必要です。Igorさん、ありがとうございました。

WhatTheyThink(以下WTT): ご家族や従業員の皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

Igor Agarkov(以下IA): 私と近親者は全員Borispol(Kyiv=キエフ近郊)にいます。編集スタッフの何人かは、ポーランドなど、より安全な地域に行っています。マネージャーの1人はキエフに残り続けています。

WTT: あなたの町はすでに攻撃されているそうですね。避難は進んでいるのですか?

IA: そうです。 Gostomel, Bucha, Irpin, Borodianka, Makariv, Sumy, Mariupol, Kharkivなどの都市への野蛮な砲撃と民間人への完全破壊に比べると、Borispolは比較的落ち着いています。まだ避難という話にはなっていません。そのような機会があった人は皆、すでに国の西側や国外へ出ています。
昨日(3月8日)、Boryspolは巡航ミサイルで攻撃されました(これはニュースで簡単に調べられます)。ほとんどが撃墜されました。この町からそう遠くないところで、活発な戦闘が行われています。侵略者はキエフの左岸部分に殺到しているのです。

WTT: ウクライナの印刷会社のほとんど、あるいは多くが閉鎖されたり破壊されたりしているとおっしゃいましたが。ウクライナは活気のある印刷業界でしたから、これは国にとっても世界にとっても大きな損失です。

IA: ウクライナの印刷は、特にフレキソ印刷、紙器、段ボールなどの分野で非常によく発展してきました。商業印刷、書籍の生産、そして特に自己粘着ラベルの生産は、この2年間でかなりダイナミックに発展しています。現在では、むしろ多くの印刷会社が仕事を中断しているという話です。しかし、一部の企業はその姿を変え、ボランティア活動に積極的に取り組んでいます。

オデッサの印刷会社のひとつは、いわゆる「ハリネズミ」(侵略者の装甲車の前進を阻止する装置)の生産を習得しました。Dnioroの印刷会社の1つは、寝袋の生産に携わっています。また、軍隊、領土防衛、ボランティア、政府機関などのために、地図製作、ステッカー、包装、標識などを作っているところもあります。

まだ仕事が可能な都市の同業は、一時的に占領された都市の印刷業者が、顧客のニーズをカバーするのを助けています。印刷所の全壊というデータはありませんが、印刷所の多いKharkivやSumyのような都市での敵の空襲や巡航ミサイルによる破壊の規模からすると、そういうケースは確かにあるようです。

多くの印刷会社が、緊急に家族を救うことを余儀なくされ、今もそれを続けています。敵対行為によって印刷業者が被害を受けたケースもあります(例えばBucha)。ウクライナの印刷業界にとって、すべてが終わった後の大きな問題は、人材の回復です。多くの専門家、特に女性はEU諸国に流出してしまった。男性の場合は、総動員体制が発表され、EUへの出国も制限されているため、実質的にそのような機会はありません。

とはいえ、女性はリーダー、マネージャー、ポストプレスのオペレーターなど、印刷業界におけるその役割は、いくら評価しても過大ではありません。多くの人が、私たちのソーシャルネットワークチャンネルや個人的な通信で、仕事を見つけるための助けを求めています。

この件に関しては、イタリアとポーランドの同僚が協力してくれています。同時に、ポーランド人とラトビア人は、ウクライナを離れた専門家がいかに多いかを理解し、自ら仕事を提供しています(そのような空き情報は、私たちの公開チャンネルに常に表示されます)。

WTT: 侵攻中や侵攻後の再建のために、産業界はどのようにステップアップし、支援することができるでしょうか?

IA: 私は、ウクライナの印刷産業は再び存続すると確信しています。いくつかの印刷会社は働いていますし、可能なところでは商業的な注文を遂行していることさえあります。部分的に占領された状態でも、経済は動き続けているのです。

私たちは誇り高い国であり、西側やEUからの補助金だけで生活する心づもりは、ありません。働く機会のある印刷会社は働き続け、財政に税金を納めています。例えば、ヨーロッパの仲間から何とか資金を集めて、紙の出版を再開します(もちろんそれの税金は払います)。

また、ウクライナの印刷業界には多くの個人事業主がおり、政府はそのためのプログラムを準備しています。例えば、戒厳令の期間と戒厳令後の1年間、彼ら自身と動員された従業員のために、一部の税金の支払いを免除しました。さらに、印刷会社の起業家や従業員に対する少額で的を絞った助成金もあります。

印刷会社はすでに団結しています。キエフの印刷会社の社長から電話があり、近くの同業者と協力して、ボランティアでウクライナ軍の包装をやっているそうです。紙器やラミネートなどの材料が足りないのですが、同業社が在庫を分けてくれています。もちろん、今現在のウクライナに消耗品を計画的に供給しているという話ではありません。ここは印刷所が仕事を続けられるように、流通業者が自らの意思で、残りの資材を出荷してくれるかどうかにかかっているのです。

侵攻後のウクライナの印刷産業の復旧は困難でしょう。人材と消耗品の問題が最も緊急の課題です。しかし、これについては、ウクライナ支援のプレスリリースを出したEUのサプライヤーの協力が期待されます。中には、侵略国との取引を拒否するところもありました。

WTT: ニュースで見ていても、この国がどのような状況なのか想像するのも難しいです。あなたが見た勇気ある行動について、いくつかエピソードを教えてください。

IA: 普通の人々の勇気に関する話はたくさんあります。何百、何千とありますよ。Kupyanskでロシアの装甲兵員輸送車の装甲に飛び乗った少年たち、銃口を突きつけられてもロシアの侵略に反対したMelitopol、Kherson、Berdyanskの住民、古い車で敵陣の動きを阻止する年金生活者、ペットシェルターにパンと食料を届けるボランティアの行動、ロシア占領軍の銃弾で命を落とす人々などです。

私の知人である印刷業者、流通業者の代表者の多くは、現在、ウクライナ軍で領土防衛のために戦い、ボランティア活動に積極的に参加しています。少し前、キエフの最大の印刷会社の取締役(彼らはボランティアでウクライナ軍のために印刷しています)は、Buchaに突破口を開き、銃撃によって重傷を負ったパッケージ印刷会社の生産部長を連れ出す準備をしていました。

WTT: 私たちは、あなたの大統領をとても誇りに思っています。彼はウクライナの信用であり、この時代にふさわしい指導者です。何かコメントはありますか?

IA: 彼のこれまでの動きには、物議をかもすものもありました。彼は政治家としての影響力を部分的に失っていました。しかし、侵略が始まると、ヴォロディミル・ゼレンスキーは国家の真のリーダーであることを示し、国家をまとめ上げ、侵略者に対する効果的な抵抗を指揮することに成功した。

したがって、私は、ヴォロディミル・ゼレンスキーが今日、効果的な指導者であるというあなたの言葉に同意します。彼の最も有能な政敵は沈黙し、戦列に加わり、ウクライナの防衛力強化に奔走している。国が燃えているときは、政治や争いをする時間はないのです。

WTT: この最も信じられないほど困難な時期に、読者やスポンサーに他に何か言いたいことはありますか?

IA: 私たちは、世界中の機器や消耗品のメーカーの大規模なデータベースを持っています。これらに対して、侵略が始まるとともに、何度かメール配信を行いました。資金援助を求めたのではありません。

メッセージはシンプルでした。ウクライナの印刷業界を支援するプレスリリースを発行し、我が国にあらゆる情報支援を提供してほしい、というものでした。そして、ロシアの侵略に対して、自分の意見を述べて欲しい、と。しかし、ほとんど反応がありませんでした。

ベンダーは、ウクライナ情勢について意見を表明することを、恐れてはならない。光と闇の戦いにおいて、ウクライナは最初の前哨戦に過ぎない。しかし、私たちは必ず勝利します!なぜなら、真実は私たちと共にあるのです。そして、私たちの市場でまだ働いている、親愛なる機器・材料メーカーの皆さん、今日はそのことに心を巡らせてみましょう!

 

By Cary Sherburne
Published March 10, 2022
原文 Ukraine’s Printing Industry Stands Strong

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. メタバースとは何か?なぜそれが私たちの業界にとって重要なのでしょうか?小さな印刷会社や代理店でも...
  2. <バリア性の紙が世界でいよいよ本格化> Amcor、launched a paper-bas...
  3. 印刷物は国境を越えて取引されており、欧州連合(EU)によって取引が非常に容易になっています。
  4. コロナ禍は、需要の縮小や新しい生産技術への投資の減少など、印刷会社とデジタル印刷生産市場にさまざ...
  5. <EUの再生樹脂の実証実験が活発> EUはプラスチックの再生に熱心である。
  6. 12月の印刷出荷額は70億ドルで、11月の71億ドルから減少し、12月は例年通り低迷する季節となった...
  7. 2022年3月22日(火)発行元企業によるプレスリリースプレゼンテーション向け化粧表紙と...
  8. 2021年11月の印刷出荷額は69億9,000万ドルで、10月の72億9,000万ドルから減少し...