ユーザーが適応する有用な危機 (COVID-19) WhatTheyThink?

危機はチャンスでもあることはCOVID-19も例外ではない。今行われているCOVID-19への適応は、2020年において最も強力なものの一つである。オンラインツール、リモートラーニング、在宅ワークなどを利用して、すべての人々が快適な生活圏を拡大している。

平時に変化を起こすために、実際にどれくらいの時間を要するか、少し考えてみましょう。COVID-19以前に、米国の公立学校システムが、学習の一部でもオンラインに移行することを決定したと想像して見てください。詳細にわたってすべてを検討し、すべての関係者からの意見を聞き、いくつかの修正を行ない合意点に達し、それを展開するのにどれくらいの時間が掛かったでしょうか? 何十年も掛かったかもしれません。しかし 米国では、COVID-19が襲い掛かった数週間のうちに、学生がオンライン授業を受講するようになりました。それは完璧ではなく、障壁や懸念、間違いがなかったわけではありませんでしたが実現したのです。私たちは危機の時には迅速に適応します。危機に面していなければ、人間が適応するのは非常に難しいことです。

“有用な危機を無駄にするのは意味がないが、そのことばかり気にしていると、自分たちを傷つけることにもなる。”

-セス・ゴディン ”有用な危機”

米国全土の印刷会社は、会社勤務が必要ではない従業員の一部または全員を自宅に待機させ、リモートワークを行うようにしました。この施策は完璧ではありませんでしたし、多くの間違いや失敗もありましたが、多くの社員は順応しました。COVID-19は地球規模の大きな挑戦ですが、それはいくつかの「有用な」チャンスを持つとも言えます。私は、ラベル・包装印刷会社のオーナーと話していました。彼は何年にもわたって印刷MISの採用を推進しようとしていました。しかし この半年間で、彼は印刷MISを完全に再導入し、プリプレス自動化システムをインストールし、800の顧客とオンライン注文を開始しました。なぜ一度にすべての面でこれほど積極的に動いたのか要因を聞いたところ、彼は何年にもわたってビジネスの「デジタルトランスフォーメーション」を実施しようとしていたが、長年に働いてきた従業員から、極度の抵抗に直面していたからだといいます。

COVID-19が襲った時、彼はそれを「有用な危機」と捉えました。なぜなら従業員は在宅勤務が必要で、希望していたからです。従業員がリモートになるとすぐに、彼が導入しようとしていたすべてのシステムが必要不可欠なものになりました。2020年以前、彼は、ビジネスプロセスの多くが紙の伝票やその他の追跡不可能なコミュニケーションを介して口頭で行われていたため、本当の意味での記録管理システムがないと表現していました。今では、彼の印刷MISは真の記録管理システムとなっています。どこにいても誰でも、いつでもどんな仕事でも正確なステータスを見つけることができます。

この危機への適応は、危機が去っても消えることはありません。適応した内容は、危機後の新常態の一部となるのです。

どのような危機でも役に立つことがあります。困難な部分を乗り越えて、明るい部分を探すことが必要なのです。COVID-19についての不思議なことは、すべての産業に等しく打撃を与えているわけではないということです。だから、それに対するあなたの対応は画一的なものではありません。あなたの顧客の中には、一斉に購入をやめる人もいれば、消費を加速させる人もいるかもしれませんし、すべての人はその中間に位置します。私がCOVID-19の間に聞いた企業間販売についての最高のアドバイスの一つは、ハーバード・ビジネス・レビューの記事の中で”パンデミックの間にB2Bディールをクロージングし続ける方法 “と題されたジェフ・ウィンタースからのものでした。その中で、彼はあなたの見込み客の顧客を理解することについて語っています。

“あなたの見込み客の顧客は今、あなたの成功の鍵を握っています。あなたの見込み客の顧客が財政的に大丈夫なら、あなたの見込み客はあなたから購入する傾向がある可能性が高いです。もしそうでないなら、あなたの見込み客の購買行動も変わります。”

ジェフ-ウィンタース、ハーバード・ビジネス・レビュー

あなたの見込み客がテクノロジー企業であれば、彼らがどのような業界にテクノロジーを販売しているかを把握することは、COVID-19の間に彼らの購入傾向を判断するのに役立ちます。危機は、多様化するための有用な注意喚起である。もしあなたの印刷ビジネスがCOVID-19で打撃を受けた1つの業界にサービスを提供しているのであれば、2020年はあなたにとって悲惨な状況になって仕舞います。もしあなたのビジネスが、一部が上昇し、他の一部が下降している複数の業界に分散しているなら、あなたは2020年を乗り切るのに十分な位置にいます。あなたのビジネスの多様性を、顧客の顧客を見て評価してみるといいでしょう。そうすることで、自社が実際にどの程度の多様性を持っているのかをよりよく知ることができるでしょう。複数の業界にサービスを提供していても、顧客の顧客を見ることは共通の事項です。

すでに進行していたトレンドをCOVID-19の危機は大きく加速させています。例えば、リモートセールス、在宅ワーク、電子メールの衰退、ミレニアル世代の職場支配、オンラインツールの採用、モバイル・インターネットアクセスの加速などです。これらのトレンドはいずれも、COVID-19の危機が「終わった」時も、COVID以前の状態に戻ることはありません。新しい常態が確立されるのです。あなたのビジネスは、この新しい常態の中でどのように競争していくのでしょうか?ビジネスリーダーとしてのあなたの仕事は、危機を見て、その「有用性」を見極めることであり、危機後には二度と発生することがないような、加速された適応の波に乗ることです。

 

By Jennifer Matt
Published November 4, 2020
原文 User Adoption and a Useful Crisis (COVID-19)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. 今年で3回目となるテクノロジー・アウトルックでは、Trish Witkowskiが最新の製本・仕上げ...
  2. 本記事は前回の続編として、Prime Data社のSteve Falk社長が、自社のカーボンフッ...
  3. 印刷機の速度、解像度、およびバリアブルデータの使用は増加しており、それに伴い、印刷後の加工やコンバー...
  4. DMが排出するカーボンフットプリント(製品のライフサイクルで排出される二酸化炭素の量)を把握すること...
  5. 欧州セクションエディターのRalf Schlözerが、2022年4月末にミュンヘンで開催されたオン...
  6. 拡張現実(AR)は、マーケティングの場において、爆発的に普及する準備が整っているのでしょうか?A...
  7. 版、インク、エネルギー、紙などの値上げが絶えないように感じますが、これらは印刷価格にどのような影...
  8. 不確実な時代の変化は、課題をもたらすこともあれば、新たな機会を生み出すこともあります。