COVID-19の影響で コンチネンタルウェブプレス社の革新的なシステムが新規事業を獲得 WhatTheyThink?

クライアントが色に敏感で印刷の立合のために頻繁に出張していたなら、世界的なパンデミックが深刻な支障をきたしています。どのようにこのクライアントとビジネスを継続しますか? 新しいプルーフのソリューションが必要になります。Continental Web Press社(CWS)はそれを実行しました。

クライアントが色に敏感で印刷の立合のために出張してきていた場合、世界的なパンデミックが深刻な支障をきたしています。どのように顧客のニーズに合わせますか? 新しいプルーフのグソリューションを開発せねばなりません。Continental Web Press社はそれを実現しました。

Continental Web Press社(以下、CWP)は、世界で最も成功しているブランド、出版社、代理店に印刷サービスを提供しています。同社の最先端のオフセット印刷機とデジタル印刷機は、最新の印刷装置を備えており、認証されたG7カラー規格に準拠した印刷を行っています。CWPは、重要な印刷プロジェクトで主要な印刷バイヤーにサービスを提供しているため、印刷立合のための顧客の来訪は、プロセスの重要な一部となっています。

ところが、COVID-19が発生しました。色品質が重要なプロジェクトで妥協を許さないことを保証するために、CWPはDALIM Software社と協力して、他に類を見ないバーチャルでのプルーフのソリューションを制作しました。CWP Virtual Press OKと呼ばれるこのソリューションは、高度な技術プロセスを使用して、実機のプルーフとクライアントがすでに承認したバーチャルのプルーフの違いを定量的に評価します。本機校正紙の郵送による時間のロスがありません。驚きもありません。

このソリューションは、CWPの持続的な成功にとって非常に重要であると考えられていたため、CWPの創設者であるKen Field氏は、このソリューションを迅速に導入しました。「クライアントを支援し、CWPがパンデミックを乗り切るために役立つことは何でもあります」と彼は言います。

クライアントは気に入っているのでしょうか? はい、もちろん。”「特に、複数社が関わる場合、また塗料会社のような重要でデリケートな広告主の場合は、色が正確であることを確認するために、原則として印刷立ち合いに参加していました」と説明します。「もちろんCOVID-19では、出張にはより慎重にならざるを得ませんでした。CWPのバーチャルの本機校正では、スライドツールを使って、すでに承認された色と印刷物をうまく比較することができます。これは、印刷機で仕事を見るのに次ぐもので、最終的な製品は驚くべきものです」。

このようなシステムを構築することができたのは、25年間の共同作業の賜物です。北米では、CWPはDALIM ES社の前身であるDIALOGUE社とMISTRAL社のソフトをいち早く導入しました。また、CWPは15年以上もDIALOGUEのカラーマネジメントを使用してきました。印刷機にも色精度の高いモニターを設置し、印刷オペレーターは承認されたプルーフを参照して、顧客の期待を理解し、印刷中に何に合わせるべきかを理解しています。

CWP Virtual Press OKには、ハイエンドのスキャナーと、カラーマネジメントツールとコラボレーション配信システムとしてのDIALOGUEを搭載したDALIM ESの2つの主要コンポーネントがあります。まず、CWPはバーチャルのカラープルーフを作成し、印刷に入る前にお客様の承認を得ます。その後、2枚目のカラープルーフを作成します。印刷機がカラーになると、オペレーターは印刷された印刷シートを取り出し、システムにスキャンしてバーチャルプルーフと比較します。

Continental Web PressのCIO兼CTO/EVPであるEd Zepernick氏は、次のように説明しています。「200ドルのスキャナーでは機能しません。すぐに色空間を失うことになります。」

次に、オペレーターはDIALOGUE比較ツールを使用して、オリジナルのプルーフと印刷シートを並べて表示します。「スライダを使って、1インチごとに、バリエーションや色の衝突などがないかどうかを確認できます」とZepernick氏は説明します。「お客様が希望される場合は、ジョブを再面付し、校正紙の隅々までを表示して、全体的に色の品質を保証します。」

このプロセスは他の印刷会社でも再現できますか? 「それは大変な注文でしょう。非常にハイエンドのスキャナーを必要とするだけでなく、カラーコントロールのあらゆる面で細心の注意を払う必要があります。精度を保証するために、他の企業とは異なり、当社では今でもモニターのキャリブレーションを毎日行っています」とZepernick氏は言います。「正確さを保証するために、他の会社とは異なり、私たちは毎日モニターをキャリブレーションしています」とZepernick氏は言います。「他の会社は、プリプレスサービス全体を提供して、現在では珍しくなっているハイエンドスキャナを持っていない限り、このような対応は出来ません。」

CWPのクライアントにとってのメリットは、計り知れません。プルーフのカラー精度を、絶対的に確保できるだけでなく、何千ドルもの出張費も節約できます。Zepernick氏にとっては、もう1つのメリットがあります。それは、自宅から出ることなく、いつでも印刷機のチェックを行うことができるということです。

その結果 顧客基盤が拡大しています。CWPでは、この新しいソリューションのおかげで、すでに新しいビジネスを獲得していると考えています。「既存の顧客のニーズを満たし、新規顧客を獲得できただけでなく、ビジネスを確保し、顧客に当社には多くの機能があることを示す機会を与えてくれました」とZepernick氏は付け加えます。

CWP Virtual Press OKによって、パンデミックに耐えられるのでしょうか? 確かにその可能性はあります。「必要は発明の母である」とZepernick氏は結論づけています。

 

By Heidi Tolliver-Walker
Published October 28, 2020
原文 COVID-19 Spurs Proofing Innovation at Continental Web Press—and Wins New Business

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. メタバースとは何か?なぜそれが私たちの業界にとって重要なのでしょうか?小さな印刷会社や代理店でも...
  2. <バリア性の紙が世界でいよいよ本格化> Amcor、launched a paper-bas...
  3. 印刷物は国境を越えて取引されており、欧州連合(EU)によって取引が非常に容易になっています。
  4. コロナ禍は、需要の縮小や新しい生産技術への投資の減少など、印刷会社とデジタル印刷生産市場にさまざ...
  5. <EUの再生樹脂の実証実験が活発> EUはプラスチックの再生に熱心である。
  6. 12月の印刷出荷額は70億ドルで、11月の71億ドルから減少し、12月は例年通り低迷する季節となった...
  7. 2022年3月22日(火)発行元企業によるプレスリリースプレゼンテーション向け化粧表紙と...
  8. 2021年11月の印刷出荷額は69億9,000万ドルで、10月の72億9,000万ドルから減少し...