如何にしてCOVID-19がIndustry 4.0を加速するか。 WhatTheyThink?

我々が重大な変革期に突入した事に、異論はあるまい。 COVID-19は世界中に急激な変動をもたらし、人々はソーシャルディスタンスを取りあう、あるいは自己隔離の要請に応じる事態となっている。パンデミックの劇的な登場により多くの物が遅延する中、いくつかのトレンドが加速されている。COVID-19が変革を強いるものであることに疑いはないが、 Industry 5.0を持ち込むわけではない。

  • COVID-19がIndustry 4.0を加速し、あらゆる業界の企業をより成熟したIoT技術とワークフローへ誘う。
  • 過去においてもデジタルワークフローを受け入れる理由は存在していたが、COVID-19 によってスマート製造、スマート印刷を実現するスマートファクトリーへの移行に大きな弾みがつく。
  • 慣習的に専用の事務所スペースは生産性を向上のために必要と考えられたが、十分に検証する必要がある。
By Colin McMahon

 

初めに

ここ十年間、Industry 4.0の出現について多くが語られてきた。現状の技術がどのレベルなのか(ITとテレコミュニケーションを中心に、現在はIndustry 5.0と考える専門家もいる)、過半はIndustry 4.0はインターネットと主要なデジタル技術、特にIoT機器の登場によってもたらされると考えている。

我々が重大な変革期に突入した事に、異論はあるまい。 COVID-19は世界中に急激な変動をもたらし、人々はソーシャルディスタンスを取りあう、あるいは自己隔離の要請に応じる事態となっている。パンデミックの劇的な登場により多くの物が遅延する中、いくつかのトレンドが加速されている。これらの破壊行為に寄って、COVID-19が業界に早まった変化を持ち込もうとしているのか? そうでもあるし、そうでもない。 COVID-19が変革を強いるものであることに疑いはないが、 Industry 5.0を持ち込むわけではない。単にIndustry 4.0の導入を加速し、 あらゆる業界の企業をより成熟したIoT技術とワークフローへ誘うだけなのだ。

本来のIndustry 4.0

専門家は、Industry 4.0には4つの中核となるコンセプトが存在するという。それらは、スマート製造、スマートファクトリー、ダークファクトリー(無灯製造とも呼ばれる)、そして産業レベルのIoT技術である。これら4つは大きな「自動化」というトレンドを反映している。多くのIndustry 4.0が進化したデータ収集(IoTによって可能となった)を活用してワークフローと製造工程の最適化を目指している。

産業の4段階The Four Major Industrial Stages

 

ダークファクトリーをご存知ない方の為に説明すると、これは究極の自動化である。無灯製造は完全に自動化された環境である。スマートファクトリーでは人と機械が共存しているが、ダークファクトリーは無人を前提とする。

このコンセプトはCOVID-19 のパンデミックによって、ただちに価値が上昇した。無人の全自動の工場で停止することなく製造を継続するアイデアである。ほとんどの企業にとってこのレベルの自動化は不可能、あるいはコミットすることを好まない。スマートファクトリーでも単純作業の自動化により、劇的な労働者の減少は見込めるのである。

小規模な製造拠点ですら、平均的な小売業よりも労働者が多い傾向がある。スマート製造の工程を受け入れる事で人に依存する比率を減少させれば、製造規模を縮小することなく人のシフトを減少できる。これは労働者が晒されるリスクも低減する。COVID-19に感染するには人が接触しなければならない。6フィートの間隔を維持すれば、感染リスクは激減するのだ。

過去においてもデジタルワークフローを受け入れる理由は存在していたが、COVID-19 によってスマート製造、スマート印刷を実現するスマートファクトリーへの移行に大きな弾みがつく。Keypoint IntelligenceはCOVID-19のダメージが最も少ない企業が最も自動化が進んでおり、デジタルワークフローが既に強固に存在している会社であるのではないか、と考えている。

Industry 4.0を事務所に

平均的な事務所のスペースは、工場のスペースと変わる所はない。共にその場所での従業員のコラボレーションが行われ、特定のニーズを満たす製品が作られる。過去においては、事務所の仕事は工場よりもデジタルワークフローを受け入れやすいと考えられていた。事務所の仕事も方がデジタル化しやすいから、という理由からであろう。例えそうであったとしても、多くの企業が事務所のメンタリティー、つまり集中した、物理的な場所で従業員があつまる場所にしがみついている。JLL社の調査によると、それは技術セクターの会社について特に言える事で、2019年には最も多い事務所をリースしており、次点の金融保険よりも1000万拠点も多い。

これはそれらの企業の売上の一部が、リース料金として紐付けされる事を意味する。ある地域では、他の地域よりもかなり高価である。 企業は様々な理由でこの請求を支払う。企業の名声、便利性、伝統であったりもする。いくつかの会社は、単に過去の延長で本社を構えている。

今、これは変わろうとしている。伝統的には、専用の事務所スペースは生産性を高めるために必要、とされてきた。しかしこの考えは改めて検証されようとしている。米国の、あるいはそれ以外どこの国においても、大多数の事務所は既に完全にリモート状態であるか、リモートのワークフローに移行しようとしている。これらの企業は、伝統的な事務所スペースに頼らず生産性を維持できるかどうか、をテストする以外に方法が無い。

これらの企業の機能が最高の生産性を保つ、あるいはそれに近い状態であれば、事務所需要は激減するであろう。これこそがワークフローを変える-伝統の終焉とデジタルワークフローへの移管である。

COVID-19のその他の影響

印刷会社は物理的な場所の確保を必要とするが、ほとんど全ての業種が甚大な影響を受けている事を認識せねばならない。COVID-19は、ことさら飲食業(好況時でも常に不安定であるが)と劇場関係ビジネスを直撃した。北米で最大の映画館チェーンのAMC社は、COVID-19のパンデミックの影響で事業継続不能と発表した。

これらの産業への影響は、印刷物の減少をもたらす。劇場もレストランも各種サイネージの塊であった。しかしながらCOVID-19の影響による各業界の移行が、新たなビジネスチャンスを提供することもあろう。印刷会社は自らの視野を大きく広げなければならない。風景は大きく変わっている。そして、これからさらに変わって行く。この業界がどのように変わって行き、どれくらいの変化が永続するのかは、まだ見えない。しかし革新は始まっているのだ。

結論

COVID-19のパンデミックはIndustry 5.0の引き金にはならないが、Industry 4.0のデジタルワークフローを現実に持ち込んだのは確かだ。自動化はもはや目標ではない。必要条件なのだ。IoT機器類は、パンデミック中での企業の売上確保に必要である。未来はここにある。しかし熟知していなければ、それを活かすことはできない。

 

By Keypoint Intelligence
Published April 9, 2020
原文 How COVID-19 is Accelerating Industry 4.0

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. メタバースとは何か?なぜそれが私たちの業界にとって重要なのでしょうか?小さな印刷会社や代理店でも...
  2. <バリア性の紙が世界でいよいよ本格化> Amcor、launched a paper-bas...
  3. 印刷物は国境を越えて取引されており、欧州連合(EU)によって取引が非常に容易になっています。
  4. コロナ禍は、需要の縮小や新しい生産技術への投資の減少など、印刷会社とデジタル印刷生産市場にさまざ...
  5. <EUの再生樹脂の実証実験が活発> EUはプラスチックの再生に熱心である。
  6. 12月の印刷出荷額は70億ドルで、11月の71億ドルから減少し、12月は例年通り低迷する季節となった...
  7. 2022年3月22日(火)発行元企業によるプレスリリースプレゼンテーション向け化粧表紙と...
  8. 2021年11月の印刷出荷額は69億9,000万ドルで、10月の72億9,000万ドルから減少し...